照明」タグアーカイブ

家の灯りは何のためにあるのか?

  家の灯りは何のためにあると思いますか? とても根本的だけど、すっごく重要な問いなのです。 私なりの答えとしては、“夜の時間を心地よく過ごすためにある” です!!   もしこのことを理解しているとしたら、寝室に明るい白い光のシーリングを使うことなどあり得ないのですが。。。 例えば、ベッドの役割は気持ちよい睡眠をと

»…の続きを読む

なぜ夜に電球色の灯りが必要なのか ~光と体内時計の関係~

人間はずっと昔から、太陽のリズムに合わせて生活しています。よく体内時計と言われ、私たちの身体はそのような仕組みでできているのです。 そこから外れるような生活を続けた場合には、体内時計は狂い、健康に大きな影響が出てきます。 とても当たり前のことなのですが、経済の急激な発展と共に、日本では軽視されてきたような気がします。 照明について言えば、太陽の光のリズムから

»…の続きを読む

照明について伝えていきます!!

デンマークから帰国し、現在は縁あってインテリア照明の設計・デザインの仕事に携わらせてもらっています。 仕事や日本での生活をおくりながら、北欧との灯りに対する意識や考え方の違いを一層強く感じています。 例えば、北欧の夜の街は薄暗く、街灯や家の窓からほのかに暖色の灯りが広がる程度。暗いからといって不安感は感じません。白色の煌煌とした灯りは見られず、暖色の灯りが夜

»…の続きを読む

北欧の街の灯り

あかりという漢字に「明かり」と「灯り」があります。 「明かり」は太陽や月からの自然光を、「灯り」は人が灯したあかりを意味するそうです。 英語で言うと「Light」と「Lamp」の違いかな。 火という漢字が使われているように、昔は灯りと言うと焚き火やロウソク等の火を用いたものでしたが、ガス灯・白熱灯・蛍光灯、そして今日はLEDと時代とともに形を変えています。

»…の続きを読む

北欧の人々の目の色と光の感じ方について

今回は、デンマークで生活していて気になった『目の色や光の感じ方の違い』について書きたいと思います。 目の色が違うというのは、実際には目の虹彩の色が違うということになります。 虹彩とは瞳孔に入る光の量を調整する役割を持つ箇所です。よく目の機能はカメラで例えられますが、カメラの絞り部分に相当します。 根本的に人によって目の色が異なるのは遺伝的な物のようですが、色

»…の続きを読む